【インプラント.com】 -費用・料金から失敗について-

ありがちな失敗・トラブル

■患者が守るべき注意点とは?

インプラントが失敗したり、術後にトラブルが起こったりする要因の一端として、患者側が治療後のケアを怠ったケースもよくあることです。

せっかく高いお金を払って、素晴らしいインプラント治療をしても、自分で適切なお口のお手入れができなければ、歯周病などでインプラントばかりでなく、まだ残っている自分の歯も駄目してしまう確率が高くなります。

自分の歯と同じように、あるいはそれ以上にインプラントは大切にケアする必要があるのです。

インプラントは構造上、歯ぐきと上部に被せた人工歯の結合部分に細菌が溜まりやすいため、周囲炎という歯周病に似た症状を起こしやすいというリスクがあります。

周囲炎が進行すると、インプラント周囲の骨が急速に溶け出して、インプラントがぐらつき、最悪の場合は抜けてしまうこともあり得ます。

インプラントの治療後は、治療前にも増して、正しいブラッシングケアが必要となるのです。

歯磨きは、自宅で出来るもっとも効果的で簡単なセルフケア。インプラントを長持ちさせるために、デンタルフロスや隙間の大きなところは歯間ブラシも用いて、入念に行なうようにしてください。正しいブラッシングができているかどうかは、定期検診で歯科医がチェックしてくれるでしょう。

歯科医院で行うプロフェッショナルケアと自宅で行なうセルフケアを両輪とすることが、インプラントを長持ちさせる秘訣です。

また、喫煙の習慣も、細菌の付着と骨粗しょう症の促進につながりますから、インプラント治療を機に、すっぱりと禁煙されることをオススメします。

さらに、いくら本物の歯に近いからといって、過度な力が加わりすぎては、上部の人口歯冠が割れてしまったり、場合によってはインプラントが抜けてしまったりすることもあります。

本物の歯と違って神経が通っていなく、本来ならあるクッションの役割をする歯根膜がないインプラントは、実際の歯のように噛む力の強弱がつけられないため、強い衝撃をもろに受けやすくなる傾向があります。

気にしすぎる必要はありませんが、硬いものを立て続けに食べるときなどは、少し注意したほうがいいかもしれませんね。

インプラントに過度な力が加わる主な原因としては、かみ合わせの悪さや歯軋りの癖が考えられます。

かみ合わせに関しては装着時に細かく調整しますが、日々変化していくもの。入れ歯に半年〜1年に1回は噛み合せの調整が必要なように、インプラントにも噛み合せ調整は定期的に必要です。検診を欠かさず受け、チェックしてもらうようにしましょう。

歯軋りがある場合には、就寝時にマウスピースを装着することや、長くて太いインプラントを再植立するなどの対処法をとることができます。これまで歯軋りをしていなくても、噛み合せが変わったり、心理的ストレスを感じたりすると、無意識にやってしまうこともあります。

インプラント後、気になったら早めに歯科医に相談すると良いでしょう。

インプラントの人気クリニックランキング!

1位 インプラント専門歯科アイデンタルクリニック
アイデンタルクリニックは、インプラントで国内トップクラスの施術数を誇ります。 定価格・安心・長期保証のインプラント専門医院・・・ 

インプラント 歯科

ランキングの続きを読む


▲このページの上部へ
Copyright (C) 2009-2013 【インプラント.com】 -費用・料金から失敗について- All Rights Reserved.