【インプラント.com】 -費用・料金から失敗について-

インプラントの基礎知識

■治療期間はどれくらい?

インプラント治療を受けるにあたり、治療期間の長さも気になる点だと思います。

本格的なインプラントの治療に入る前には、綿密なカウンセリングと厳密な診査と診断の時間が必要となります。

まずは、あなたが今抱えている症状と希望を明確に医師に伝え、インプラントが可能かどうか診査します。レントゲンやCTによって、あごの骨や歯・歯肉の状態をチェック。骨の量や質を綿密に調べます。かみ合わせについてもチェック。

そうした診査をクリアし、インプラント治療が可能となったら、患者さん一人一人に合わせた治療計画を立てます。

もし、虫歯や歯周病などがある場合は、まずその治療を行なうことになります。インプラント体を埋入した部分の骨が歯周病に感染しては、せっかく入れたインプラント体が抜け落ちてしまうといったトラブルが起こりかねません。そうしたリスクを回避するためです。

また、歯槽骨が不足している場合には、事前に再生や移植の手術を行うケースもあるでしょう。

これらのプロセスを終えたら、いよいよインプラント治療に入ります。手術そのものは、科医師の熟練度や歯や顎の状態、インプラントの種類などにもよりますが、だいたい30分〜1時間程度です。

埋め込んだ人工の歯根と歯槽骨が結合するための治癒期間は、骨の密度とほぼ比例し、下顎で3ヶ月以上、上顎で6ヶ月以上の待ち時間を必要とすると言われています。その後、結合が完全にされていることを確認してから支台部、そして人工の歯冠を装着していくことになるので、インプラントそのもののだけの治療時間だけでも、早くて4ヵ月、長いと1年近いスパンを考えるべきでしょう。

仕事が忙しかったり、子育てが大変だったりすると、なかなか治療期間をとるのが難しいかもしれません。また、病院が遠いと通うのが負担になることも考えられます。

自分の事情を考えながら、治療の決断をするようにしましょう。

また、インプラントは人工歯を入れたらそれでおしまいというわけにはいきません。特に術後3カ月くらいはトラブルのもっとも起きやすい時期で入念なケアが必要になります。

インプラントの術後のトラブルとしてあげられるのが、炎症を起こしてしまうということ。普段のケアで、しっかりとプラークと呼ばれる歯垢を残さないようにすることが今まで以上に大切になってきます。

さらには、歯科医の指導のもと、最初の1年は3カ月〜4カ月に一度は必ず歯科医院を訪れ、定期検診を受けることも大切です。(二年目以降は半年〜1年に一度になる場合が多いようです)

インプラントの費用については別項で詳しく解説していますが、せっかく高額の素晴らしいものを入れるのですから、長持ちするよう大切に扱うようにしたいですね。

インプラントの人気クリニックランキング!

1位 インプラント専門歯科アイデンタルクリニック
アイデンタルクリニックは、インプラントで国内トップクラスの施術数を誇ります。 定価格・安心・長期保証のインプラント専門医院・・・ 

インプラント 歯科

ランキングの続きを読む


▲このページの上部へ
Copyright (C) 2009-2013 【インプラント.com】 -費用・料金から失敗について- All Rights Reserved.