【インプラント.com】 -費用・料金から失敗について-

インプラントの基礎知識

■どんな手術をするの?

インプラント治療を受けるにあたって、もっとも気になるのは手術の内容だと思います。

インプラントの手術には、一回法と二回法があります。それぞれについて、見ていきましょう。

・一回法

一回の手術で、インプラント体の埋入と仮のアバットメント(後の人工歯の支台となる部分)の取り付けを同時に行う方法です。インプラントと骨の結合が確認できたら、上部構造製作のための型取りやかみあわせのチェックを行ない、最終的な人工歯を取り付けます。

局部麻酔をしての外科的手術は1回で済むので、患者さんの負担が少なくて済みます。ただし、すべての症例に適応できません。

骨の高さや厚さが不足している場合などの骨増生が必要な場合は感染のリスクが高いため、回避される方法です。

インプラント治療を受けようと思う方の歯の喪失の原因は、歯周病・虫歯・根尖病巣など感染によるものがほとんどです。そうなると、当然歯周組織も失っており、理想的な位置にインプラントを埋めるためには、骨増生が必要になり、一回法の適用は難しくなります。また、何らかの原因で歯根が折れてしまった場合も同じです。

多くの場合は、次の二回法になると考えたほうがいいでしょう。

・二回法

二回に分けて手術を行い、すべての症例に適応できます。

まず一回目の手術で、局部麻酔をしてインプラント(人工歯根)を埋め込み一度歯茎を完全に閉じます。3カ月から半年ほどの安静期間を設け、インプラントと骨がしっかりと結合するのを待ってから、二回目の手術を行ないアバットメント(土台)の取り付けをします。

2回目の歯ぐきの切開は1回目より小さいですし、インプラントと骨が結合するまでは部分入れ歯などで対応するので心配いりません。

その後、お口の型取りを行い人工歯作成し、歯ぐきの傷が治癒したら、最終的な人工歯の装着となります。人工歯が出来上がるまでは仮歯で対応します。

二回に分けて手術を行なうことで、患者にとっては時間も負担もかかりますが、期間をあけることで、インプラントと骨をしっかりと結合することが可能となりますし、歯ぐきを一度閉じることで余計な負荷がかからないため、感染などのリスクを減らすことができます。

どのような種類のインプラントを選び、どのような手術方法を選ぶかは、患者であるあなたの症状と希望を考えながら、医師とのカウンセリングで決定されていくでしょう。納得のいく治療ができるよう、しっかり知識を身につけて、疑問点や不安を正直にぶつけてみることをオススメします。

インプラントの人気クリニックランキング!

1位 インプラント専門歯科アイデンタルクリニック
アイデンタルクリニックは、インプラントで国内トップクラスの施術数を誇ります。 定価格・安心・長期保証のインプラント専門医院・・・ 

インプラント 歯科

ランキングの続きを読む


▲このページの上部へ
Copyright (C) 2009-2013 【インプラント.com】 -費用・料金から失敗について- All Rights Reserved.