【インプラント.com】 -費用・料金から失敗について-

インプラントの基礎知識

■インプラントの種類

インプラント(人工歯根)は、世界中に100種類以上が存在するといわれています。そのうち、現在国内の歯科医療として認められているのは20種類程度。

歯根に使われる素材は純チタン製で、その上に人工の歯を取り付けます。歯根は欠けた歯の中に埋め込む部分ですから、その安全性が気になるかと思います。でも、チタンは医療分野で幅広く活用されている非常に生体親和性の高い素材。金属アレルギーなどの心配もないとされています。

インプラントは「第2の永久歯」といわれるほど、機能的にも見た目にも、天然の歯の状態に近づけることができるものとして、歯科治療の中でその果たす役割が期待されています。

歯が抜けた方・入れ歯やブリッジでお悩みの方は、いろいろ情報収集して治療の選択肢の一つとして考えられると良いでしょう。

インプラントは、その形状から次の4つに大別できます。

・スクリュータイプ

現在主流となっているタイプ。ネジのような形をしています。インプラントの直径が先端にいくほど細くなるルートタイプと、太さがそのままのストレートタイプがあります。他のタイプに比べ埋め込む穴が小さくてすみ、噛む力も効率よく骨に伝えることができ、強く物を噛むことができます。

・シリンダータイプ

ネジのついていない円筒型です。穴を作って槌で打ち込むだけなので手術は簡単ですが、初期固定が弱いため、手術は二回法となります。これも、現在のインプラントでよく用いられる形状です。

・バスケットタイプ

スクリュータイプとほぼ同じ形ですが、途中にいくつかの空洞部分があるのが特徴です。この空洞部分に骨が侵食することで、高い結合力を可能としました。骨を削る量が少なくてすみますが、空洞部分の強度がないという短所も。空洞部分で破折という症例が報告されるため、現在ではあまり使用されていません。

・ブレードタイプ

T字型をした薄い板状のインプラントで、骨幅の狭い部分でも使用することができます。また、天然の歯の歯根部分と結合させることで、より天然に近い食感を得ることができるという利点があります。 その反面、力がインプラントの一点に集中しやすく、そこで破損が起きてしまうケースが見られ、現在ではほとんど使用されていません。

インプラントの人気クリニックランキング!

1位 インプラント専門歯科アイデンタルクリニック
アイデンタルクリニックは、インプラントで国内トップクラスの施術数を誇ります。 定価格・安心・長期保証のインプラント専門医院・・・ 

インプラント 歯科

ランキングの続きを読む


▲このページの上部へ
Copyright (C) 2009-2013 【インプラント.com】 -費用・料金から失敗について- All Rights Reserved.